FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

ボリュームペダルの新定番【BOSS】

 今年もやって参りましたこの季節。

 世界最大規模の楽器祭「NAMM SHOW 2015」。

 今年は、1月22日~25日の四日間。アメリカ、アナハイムの地で執り行われ、早くも各社・各ブランドから気になる新製品が続々と登場しております。


 先ずはその中から、我が国の誇るエフェクターブランド「BOSS」の新型ボリュームペダルを取り上げてみたいと思います。

BOSS FV-30H 【2月7日発売予定】




 大胆なデザインへと一新された新型ボリュームペダル、BOSS「FV-30」です。

 今までのBOSSボリュームペダルと同じく、ハイインピーダンスモデルのFV-30”H”とローインピーダンスモデルFV-30”L”とが発表されました。

 どちらも発売予定は2月7日。

 サイズは、80(幅)×192(奥行)×58(高さ)mm。




BOSS / FV-30H FOOT VOLUME 【NAMM 2015】 《2/7発売予定/予約受付中!》


 見どころとしましては、今回アルミダイキャストボディが採用され、タフな仕様環境にも耐えうる堅牢さを手に入れたという部分でしょう。


 ハイインピーダンスモデルのFV-30Hモデルは、モノラル仕様。

 従来製品と同じく、チューナーアウトが装備された形になります。

 もちろんこれは、ボリュームを絞り音を出さずにチューニングが可能になる便利な仕組み。

 今やチューナーアウトが装備された機器は多数存在しますが、やっぱりあると便利なこの機能。

 ボリュームペダルからの分岐は、使い勝手の良さという点で見れば今も昔も変わりません。


BOSS FV-30L 【2月7日発売予定】




 ローインピーダンスモデルFV-30Lは、ステレオ仕様。




BOSS / FV-30L FOOT VOLUME 【NAMM 2015】 《2/7発売予定/予約受付中!》



 キーボード等にも使用可能な様、In/Out共にステレオ対応です。

 
 更にBOSSブランドからは、気になるベース用エフェクターの新作も発表になりました。


BOSS BB-1X [Bass Driver] 【2月7日発売予定】 【期間限定★送料無料】 【数量限定”技ストラップ・ラバー”プレゼント!※色は選べません】




 昨年のNAMM SHOWで発表されました、「DS-1X」・「OD-1X」に続くBOSSプレミアムペダルのベース用製品。

 BOSS「BB-1X Bass Driver」です。

 商品説明には、単なるエフェクターではなく”プリアンプのようにベースの基本となる音色作りを行うためのペダル”と紹介されております。

 一見、4コントロールに見える本機ですが、LEVELつまみは二軸コントロールになっており、計5コントロールのペダルとなっています。




BOSS / BB-1X BASS DRIVER 【NAMM 2015】 《2/7発売予定/予約受付中!》


 ベーシストが求める音像を産みだせる様、BLENDコントロールが搭載されており、エフェクト音とダイレクト音をブレンドする事が可能になっています。

 ロー・エンドを削ることなくサウンドの輪郭を際立たせる。そんなベーシストの願いを叶えてくれる設計です。


 通常のアウトプットの他に、専用チューニングされたラインアウトも装備。

 ライン環境でもその力を十分に発揮できるよう設計されています。


 どの新製品も安心のクォリティ、耐久性を誇るBOSS製品。

 気にいれば、長く愛用出来そうな製品であります。





BOSS / OD-1X Over Drive




石橋楽器店
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/673-bb6954dd

 | ホーム |