FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

ギタリストのお勉強40

 ギターを弾く上で知っておくとお得な楽典その40。

 今回も引き続き、和音構成音から考えるギターコードフォーム五弦ルート編。


 六弦ルートの時と同じく、次はメジャー/マイナーコードに長7度音程を加えた四和音。メジャーセブンスを見て行きたいと思います。


MC18.jpg

 考え方は六弦ルートの時と同様。

 五弦ルートの場合には、五弦から1オクターブ上のルート音である”三弦”の音を半音下げてやる形となります。

 少々押さえにくかったフルコードのメジャーセブンスに比べ随分と楽に押さえられるコードフォームであると思います。

 とはいっても、人差し指から小指まで四本の指を使うコードフォームでありますから、パッと押さえられる様に、そしてコードのON/OFFが左手でしっかりと出来る様に練習しなければならないのは言うまでもありません。


MC19.jpg

 マイナーメジャーセブンスもまた同様。

 一見、押さえにくそうに見えますが、中指を反らせる様に二弦・三弦を押さえる事で人差し指・中指・薬指の三本で押さえる事が可能だと思います。

 しっかりと中指を反らせないと一弦に触れてミュートしてしまいますので、これも要練習であると言えばそうです。



 つづいて、フルコードの時と同じように四度係留、五弦ルートのサスフォーコードを見てみましょう。


MC20.jpg

 レギュラーチューニングのバランス上、五弦ルートのサスフォーは少々厄介な形になります。

 五弦ルートメジャーコードの形から、3度音を半音上げてやれば良いのですが、そうなると4フレットに渡るコードフォームとなってしまいます。

 しかし、フルコードの時と比べ指は開き易い押弦状態になると思いますので、練習次第で攻略出来うるコードフォームだと思います。  


MC21.jpg

 ならばとフルコードの時と同じように、そこから更に四弦部分の5度音程を全音下げるコードフォームも考えられます。

 こうなると、更に押さえやすいコードフォームとなりますがフルコードの時と同じ。低音部分に音が集中する事になりますので、若干響きは重苦しい物になります。


 時と場合によりますがここから更に発展させ、二弦部分の小指を離してしまえばsus4add9コードとして使う事も可能です。

 仮に3フレットから押さえると構成音はC・F・C・D・G=Csus4add9(/G7sus4)となります。


MC22.jpg

 ついでに、五弦ルートのコードフォームで注目すべきは、ここまで省いてきた六弦。ルート真上の六弦が5度音程に当たる音程である事です。

 コードのルート音は必ずしも最低音程である必要はありませんので(和音の転回)六弦部分の五度音程を加えても成立する事となります。

 しかし、これもやはり低音部に音程の開きが無い音同士が集まってしまいますので、響きとしては重苦しい物になります。


 五弦ルートのコードフォームに於いては省かれてしまうのが普通の六弦5度音程ですが、これも時と場合によりけり。使いどころによっては面白い効果を産みだす場合もあると思います。


Ibanez アイバニーズ ギター用オーバードライブ Tube Screamer Mini チューブスクリーマー ミニ TSMINI



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/857-6cca9ffe

 | ホーム |