FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
59位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
1位
アクセスランキングを見る>>

エフェクターの接続順

 近年、マルチエフェクターも様々な種類が出回り、あまりエフェクターの接続順について考える必要が無い場合も増えましたが、コンパクトエフェクターを複数持っていた場合「どういう順番で接続すべきなのか」というお話です。

 プレイヤー拘りのセッティングもあるでしょうが、一応エフェクターの接続順にはセオリーがあります。

effector.jpg

 簡単な図にすると、このような接続順が一般的です。

 大雑把に言えば、ギターから出力される原音成分に直接作用するエフェクターはギターに近い方へ接続。

 「原音」もしくは「原音+」の音に特殊な効果を付与するエフェクターは後ろの方へ、というのが通常の考え方だと思います。


 次に、アンプにセンドリターン端子が付いている場合のエフェクトの繋ぎ方について。

SENDRET.jpg

 アンプのセンドリターンは、プリアンプの後、パワーアンプの前に割り込む形になっています。

 プリアンプは原音を歪ませたり、トーンコントロールをする部分だと考えると、何故こういう信号経路になっているのかが分かります。

 特殊な効果を与えるモジュレーションやディレイ/リバーブなどは、このセンドリターンに割り込ませます。

 原音に直接作用するエフェクター、コンプレッサーやブースター目的のオーバードライブ等は、ギターとアンプの間に接続することになります。


 こうしたエフェクター接続順のセオリーはあるのですが、完全な縛りという訳でもありません。

 一般的ではない接続順でも、時に面白い効果が得られる場合もあります。

 それを面白いとか使えると考えるのはプレイヤー次第なのですが、「ギターの音」として考えた場合、あまりに突飛な接続順は、ギターとしての良い音に成り辛いと思います。


 高機能なマルチエフェクターには、センドリターン端子が装備されている機種もあります。

 内部エフェクトの接続順を任意に変更できたり、何処に外部エフェクトを割り込ませるかの設定が出来たりします。

 色々試してみて研究するのも面白いですが、こうしたエフェクター接続のセオリーを把握しておくと、エフェクター接続順の悩みも軽減されると思います。




BOSS / GT-100 COSM Amp Effects Processor




業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/98-d421f211

 | ホーム |