FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

気になるギタリスト96

 突然ですが、”速弾き”と聞いて思い浮かべるギタリストは?と質問されたとしたら、一体誰を思い浮かべるでしょうか。

 イングヴェイ?インペリテリ?それとも、もっと現代的な速弾きギターヒーローかもしれません。


 こうした名が挙がるのは当然なのですが、今回取り上げます気になるギタリストもそれ以前の時代の速弾きギタリスト。


Anthology 1967-71




 ブルース/ロックの時代の速弾きギタリストと言えばこの方。

 1960年代から活躍したイギリスのロックバンド「Ten Years After」のVo/Gt、「アルヴィン・リー」です。


 デビュー間もない頃から注目を集めたこのバンドは、正直申しまして「アルヴィン・リー」のバンドと言っても差し支えない程のギタリストメインのバンドであります。

 それだけアルヴィン・リーの存在感やテクニックが(この時代としては特に)注目を集めるものだったからに他なりません。


ディレクターズカット ウッドストック 愛と平和と音楽の3 日間 [Blu-ray]



 
 60年代と言えば、今や伝説となっている1969年の「ウッドストック・フェスティバル」が開催された時代になりますが、当時時代を先取る様な存在であった「Ten Years After」も当然参加しております。

 そこで披露された「アルヴィン・リー」のテクニックは今見ても”速い”と感じさせる驚異的なものであります。

 まだハードロックも生まれてない時代に於いて、後にその原型とまで言われるハードブルースなギター演奏が大変印象的でありました。


 しかし、そこまでの存在でありながら、何故それほど有名ギタリストとして扱われていないのか?

 これに明確な答えを出すことは難しいのですが、一つだけ大きな要因か?と思える事があります。


 それは、同じく”ギタリストが主体”の時代を先取るバンドが同じ時期に存在したという事実。

 ウッドストックの時代で、ギタリストと言えば・・・そうです、「ジミ・ヘンドリックス」の存在です。


ライヴ・アット・ウッドストック(Blu-ray Disc)




 時代を先取りする卓越したテクニックも圧倒的なギターレジェンドの存在感の陰に隠れてしまったという印象は否めません。


 しかし、「アルヴィン・リー」が残した爪痕は、確かに後の時代へと繋がって行きました。

 ジミ・ヘンドリックス程の知名度は無くとも、確かにギター史に残る名(技巧派)ギタリストであると思います。


Live 1973 King Biscuit Flower Hour



気になるギタリスト95

 今回の気になるギタリストは、かつてガレージロックを代表するバンドと評された「ザ・ホワイト・ストライプス」で活躍したギタリスト、「ジャック・ホワイト」です。

ゲット・ビハインド・ミー・サタン




 アメリカのインディーズシーンから活動を始めたジャック・ホワイト。

 後にグラミー賞を何度も受賞するザ・ホワイト・ストライプスは”姉弟”のユニットという事でしたが、実はこの二人ご夫婦。

 この時から既にグラミー賞アーティストとしてのプロデュースが始まっていたのかもしれません。


 ギターと共にボーカルも務める彼は、独特な存在感と激しさを含むギタープレイなどロックアーティストらしい魅力で一躍人気者となって行きます。


Elephant




 2003年にメジャーレーベルより発売されたアルバム「Elephant」からのシングル、「Seven Nation Army」がいきなりグラミー賞、最優秀ロック・ソング賞を獲得。

 インディーズ時代より稀有な存在と知られていた彼の知名度は一気に爆発する事となりました。


イッキー・サンプ




 耳に残る歌唱。

 ハードなギターサウンド。

 ファズと独特なフレーズやギターソロ。

 作り上げられたジャック・ホワイトというキャラクターは、多くの人々が忘れかけていたロックスターそのものと言える存在なのかもしれません。


 しかし、ガレージロックでアーティスティック、激しいギタープレイなどと聞くと技術はあまり・・・とお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。

 ですが、彼は歌いながらも独特なフレーズを披露し、さらには挑戦的とも言えるギターソロもこなす素晴らしいギタリストであります。


 歌いながらギターを弾く難しさ。

 実際にやっている方には良くお分かり頂ける事だと思います。


 ギターとドラムという最小(以下)のメンバー構成でありながら、これだけの表現力を発揮するギタリストも珍しい存在なのではないかと思います。

 そういった意味でもまさに2000年代のギターヒーローと呼ぶに相応しい人物であると思います。


 残念ながら離婚という形でその活動を終えてしまった「ザ・ホワイト・ストライプス」でありますが、「ジャック・ホワイト」はソロ活動を含め現在も活躍中です。

 そのロックスターとしての輝きは今も衰える事無く健在であります。


Lazaretto



気になるギタリスト94

 今回の気になるギタリストは、惜しまれつつも2011年に解散を迎えたアメリカのオルタナティブロックバンド、「R.E.M.」のギタリストである「ピーター・バック」です。


Opium Drivel EP




 一般的にオルタナティブロックに分類されるバンド達は、やはりその源流であるパンクやニューウェーブと言った音楽/ジャンルの影響を感じさせるものでありますが、「R.E.M.」はその中でも特にニューウェーブな雰囲気を感じさせるバンドであったと思います。

 アメリカ出身のギタリストである「ピーター・バック」ですが、その生み出す楽曲やギターワークは何処かイギリス的。

 何処か英国ニューウェーブバンド/ギタリストの雰囲気を感じさせます。


 基本的にギターソロなどは執らないタイプのギタリストである彼は、コードワークやアルペジオを主体とする演奏がその持ち味。

 特に、同時に複数の音程を鳴らすことが出来る多弦楽器(=ギター)の特性を生かしたアルペジオ演奏が印象的で、エフェクティブかつ和声を取り入れたフレーズワークが特徴です。


 もちろん、ニューウェーブを感じさせる実験的な要素、雰囲気ある音楽性と言った部分も彼の持ち味だと思います。


Murmur




 そんな音楽的なギタリスト「ピーター・バック」が長年活動した「R.E.M.」は、1981年にインディーズレーベルからスタートしたバンドですが、1983年に発表したメジャーデビューアルバム「Murmur」でいきなりヒットを飛ばします。

 このデビューアルバムは、有名なローリングストーン誌の発表する年間ベストアルバムにも選ばれるという快挙を成し遂げています。


ARTHUR BUCK




 地道なインディーズ活動があったとは言え、いきなりの大成功を収めた「ピーター・バック」でありますが、それだけでは満足しないのが彼のすごい所。

 「R.E.M.」の活動と並行して数々のサイドプロジェクトをこなすという精力的な活動を続けて来ました。


 これらの活動は、よくある人気バンドに在籍するが故のギタリストの葛藤やストレスを解消する様な類ものではなく、溢れ出るアイディアを様々な形で表現しようとした彼の豊かな才能を表している事だと思います。

 個々の活動がそれぞれ「ピーター・バック」。

 ギタリストとして、また音楽家としての彼の存在感を示している様に思えます。


AUTOMATIC FOR THE PEOPLE (DELUXE EDITION) [2CD] (25TH ANNIVERSARY)




 溢れ出る音楽表現で大人気バンドへと成長した「R.E.M.」と「ピーター・バック」。

 ならばなぜそんなベテランバンドが解散したのか?と不思議にもなるところですが、ボーカリストである「マイケル・スタイプ」の意向が大きかった様です。

 しかし、それは仲たがいでも音楽的な趣向の違いでもなく、メンバーそれぞれの為に離れるというのがその決断の意味だった様です。


 後に、ピーター・バックは、

 「表向きでは、バンドは解散した。しかし本当は違う。

 ニューアルバムを作らず、ツアーを行っていないだけ」

 と発言していたそうです。


 現在も(あくまで)サイドプロジェクトの活動を続ける「ピーター・バック」ですが、DTMの進歩などによる音楽制作の変化に戸惑いを感じる発言もしています。


 彼の中で、音楽は人間同士のやるもの。

 便利になったからと言ってそれが全てではないという意味にも聞こえます。


 そう考えると、彼の本格的な活動再開には「R.E.M.」の活動再開が必要不可欠に感じるところですが、メンバー皆が納得の上で解散したのですからそれも難しい話なのかもしれません。


 しかし、音楽家として完全引退した訳ではありませんので、まだまだこれからも様々な形の「ピーター・バック」を見せてくれるのではないかと期待が持てます。

 さらなる今後の活動が気になる、偉大なギタリストのお一人です。


アウト・オブ・タイム(25周年デラックス・エディション)(完全限定盤)




««前のページ  | ホーム |  次のページ»»